imaiツアーズ 世界一周旅行

エジプト

帰りは明るく、寒さもあまり感じず快適。1時間30分くらいで下山。ラクダルートで下りて、聖カトリーナ修道院見学へ。

聖カトリーナ

聖カトリーナ修道院 ★世界遺産

山頂からの日の出は格別。一面に広がる岩山もほんとうにキレイ。エジプト人いわく山頂は−5℃くらいらしい。いつもてきとうなエジプト人の−5℃を信じてしまうほど寒い。

山頂手前で超重装備に着太りした。Tシャツ、パーカー、セーターの上ジャージ、レインコートの5枚重ね。でも寒い。。。

エジプトの東にあるシナイ半島の南部にあるガバル・ムーサ別名シナイ山は聖書でモーセが十戒を授かったとなっている由緒ある山。エジプトに来てから知ったのだけれど、せっかくなので私達も十戒にあやかりに山の麓で拠点となる町、聖カトリーナへ。ここから日の出を拝みにシナイ山に登ってきました。

日の出直前に山頂へ。山頂には小さな礼拝堂がある。激寒で凍えながら日の出を待つ人・人・人・毛布。
毛布は1枚20LEで貸し出しているらしい。

Topへ戻る

旅の写真集Topへ戻る


修道院内にあるモーセの井戸と呼ばれる井戸.。モーセが使っていたそうです。

皆が手を伸ばして触れているのは、モーセが聖なる山(シナイ山)に入ろうとしたときに、燃えているのに燃え尽きなかったといわれる燃える柴だそうです。

敷地内は80m四方くらいとかなり広い。9時の開場と同時に中には人の行列。

シナイ山の麓にあるので、ご来光を拝んだ後、AM9時の一般入場時間に合わせて下山。

6世紀頃に造られた修道院。今も修道僧が暮らしているそうです。

高さ15mくらいある外壁に囲まれていて、ちょっとしたお城のような外観。

高いガイド料を払っているのだから、ガイドさんに10LEの紅茶を毎回5LEに値切ってもらった。あまりの寒さにアサコ、休憩所内で寝袋に入る。

日の出が終わるとみんなダッシュで紅茶のある山小屋へ。山頂近くの強烈な突風でよろめく中で押せ押せGOGO!気持ちは分かるけど、ふつうに危ない。

AM1時30分起床。AM2時出発。ガイドさんとホテルの裏道から山頂へ。
普通は聖カトリーナ修道院脇から登るラクダ道と階段道の2ルートだそう。
ちなみにガイド料85LE。

風が強くて超寒い。山頂まで30分地点と3分地点の2ヵ所で紅茶休憩。休憩小屋はちょくちょくあった。1杯10LE、高い。でもみんな飲む。

1時間半ほど登ったところで通常ルートの人たちと合流。急に人・人・人・ラクダ。値段は分からないけれど、ラクダに乗って山頂まで30分くらいのところまでいけるそうです。

中心部はモスクと数件のお店があるくらいの本当に小さな町。とても寒かった。

町の周りは岩山に囲まれていて、山に草木は全くない。

岩山の下の方に住宅が並んでいた。

ガバル・ムーサ(モーセ山):別名シナイ山登山 標高2285m