imaiツアーズ 世界一周旅行

12世紀に完成したこの橋は、当時900m先の対岸の塔まで続いていたそうです。17世紀頃の度重なるローヌ川の氾濫によって途中まで橋が崩壊してしまったそうです。

橋桁は現在4本のみ

橋は城壁と繋がっている

遊覧船からの橋の眺め

「法王のバビロン捕囚」と呼ばれていた時代、14世紀に約70年間法王庁だった宮殿。壁の高さは50m、厚さ4m。強大な壁に囲まれた法王庁全体の面積は約15,000mもあるそうです。とにかく立派な建造物でした。

法王庁宮殿

フミト、ワインに飲まれる

ユウコ、ワインが足りない

高台からローヌ川・サン・ベネゼ橋の眺め

フランス

アビィニョン
アヴィニョンの歴史地区 ★世界遺産
サン・ベネゼ橋(アヴィニョン橋)
城壁に囲まれた歴史地区が世界遺産に登録されているアビィニョンは、14世紀に約70年間教皇庁が置かれ、ローマではなくアビィニョンにその間7人もの教皇が住んでいたそうです。ローヌ川のほとりにあるこの町はローマ帝国時代より栄え、数々の戦争を経験し、都市国家になったこともあるそうです。歴史ある建物や大通りから1本入るとある数々の細い路地等、散歩をしているだけで当時の面影や雰囲気が十分楽しめました。

Topへ戻る

旅の写真集Topへ戻る


旧市街を約45分かけて周る電車型バス。法王庁宮殿周辺やその隣にあるロシェ・デ・ドン公園、アヴィニョンの象徴にもなっているサン・ベネゼ橋をめぐる。細い路地はやっと通れる程度をなんとか通り抜けていると思いきや、何度も壁を擦っていた。

電車でGO!in アヴィニョン