imaiツアーズ 世界一周旅行

港では新鮮な魚介類が量り売り。

マルセイユの凱旋門。小さいけれど、人生初の実物凱旋門。

5人でカメラ3台。99%日本人ですね。

港近くのサン・ニコラ要塞。

フランスでよく見た電車型観光バス。マルセイユでは2ライン走っていて、私達は海岸線を通って丘の上にある大聖堂に行く人気路線に乗りました。大聖堂で一度下車出来て、乗車時間は往復1時間くらい。

フランス

マルセイユ

Topへ戻る

旅の写真集Topへ戻る


父キヨシの定年退職記念で始まったフランス家族旅行。マルセイユ名物のブイヤベースを食べたい!というフミトの勝手な願いを叶える為、合流前に相談なしでマルセイユで一番のブイヤベースレストラン<ミラマール>を予約していたフミト。退職記念&imaiツアーズの歓迎会と称しながら私達がご馳走になった豪華版ブイヤベースの味は、魚介の旨みぎっしりで、本当に美味しかった。あー神様ご両親様、どうもご馳走様でした。

人口約80万人、フランス第二の都市マルセイユ。私達はここで日本から来た今井家家族(キヨシ・イクコ&ユーコ)と合流して、約4週間の家族旅行がスタートしました。フランスという響きだけでパラダイスな都市をイメージしていたマルセイユでしたが、紀元前から栄えて常に重要な港だった美しい旧港周辺から少し離れると、ゴミが散らかる汚い道も多く、アレレ!?っていう印象でした。フランスでも犯罪率が高い地域らしく、早速フミトはホテル前でスリ未遂に遭遇。タバコ吸いながら隣に座ってきたフランス人が怪しいから財布を確認したら、ポケット付近でお手手がタッチって、全然笑えなかった。2人組のスリ太郎とスリ次郎はそれまでのフレンドリーな会話を切り上げて去って行きました。いやーフランス怖い。

さすがフランス。大都市でも屋根の色はほとんど統一されていてキレイでした。

旧港にはプライベートボートがぎっしり。見ていると欲しくなってしまう。

広い通りの両側に並ぶカフェレストラン。普通にみなさん昼からワイン。僕らももちろん仲間入り。
マルセイユの街並み
前菜の魚介スープとパン・ディップ&にんにく

旅の記念にロブスター入り豪華版のブイヤベース

メインは前菜のスープに魚介類が入っているもの

みんな全く別々に買った帽子なのになぜか丸被りの3人娘。

イフ島から10分くらいで到着したフリウール島は自然いっぱいの島。プライベートボートが多く停泊していて、ボートでの食事やクルーズを楽しむ人、ビーチで泳ぐ観光客で一杯。海の底まで透き通っている海に囲まれたキレイな島でした。
マルセイユの町中散策

港から約3km、船で約20分のところにあり、マルセイユ港を守るためにイフ城が建てられたイフ島。その後は監獄として使われたそうです。

マルセイユ旧港から出ている遊覧船でイフ島とフリウール島へ。

フランスで合流の3人は常に元気一杯。短期旅行のノリで4週間を激走。

マルセイユを見下ろすように海抜162mの丘の上に建つノートルダム・ド・ラ・ギャルドバジリカ聖堂。街からもはっきり見えました。

大聖堂は天井がさすがに高くて立派。観光ハイシーズンだったからか、かなりの観光客で賑わいながらも、内部は静かで気持ちのいい空間でした。

マルセイユ名物ブイヤベース
島観光・遊覧船でGO!!
市内観光・電車でGO!!