ブッダパーク

IMAIツアーズ 世界一周旅行

タイの北部国境付近の町ウドンターニーからバスを乗り継いで約3時間程、ラオスの首都ビエンチャンに到着。・・・田舎・・・町の中心地がどこかわからないほど、高い建屋がなく、ウドンターニーよりもずっと田舎町。中心街でも一本脇道に入ると、土埃漂う下町になっている。その割りにゲストハウスは数多くあるのだけれど、満室のところが多く、到着後、宿探しに苦労。10件目くらいでやっと見つかりました。

仏塔のくぼみにも御仏像さま。

扉の文様も御仏像さま。

タートルアン
ラオスの食べ物

川沿いには500mくらい屋台やレストランが並ぶ。気になるので入ってみた。

タイ国境の町でもあるビエンチャンはタイとの国境になっているメコン川沿いにある。

舟に乗るお坊さん。メコン川に映える袈裟オレンジ。

展望塔

ラオス

ビエンチャンからバスで約1時間。正式にはワットシェンクワンという寺院。色々な仏体がところ狭しと置かれている小さなテーマパークのようなところでした。道順もなく、関連性もよくわからない、笑える仏体もいっぱい並んでいて見ているだけでおもしろいところでした。


TOP


バッタとコラボした仏像

食われてる仏像

ひげじいさん仏像

痩せすぎ仏像

フランス統治時代が60年程あったラオスでは、フランスパンサンドイッチ屋さんが多い。ボリューム満点・笑顔満点で5000kip〜10000kip。(約60円〜120円)めちゃめちゃおいしくてほぼ毎日食べてました。

自転車移動型のアイス屋さん。日中暑いので、思わず止めて1個注文。アイスと一緒にご飯を入れて食べる。散々はしゃいで、受け取った後に値段を聞いたら5000kip(約60円)。ボラれた。

ラオスは北朝鮮の数少ない友好国だそうで、ビエンチャンには北朝鮮レストランがある。ここの冷麺(60000kip:約700円)は絶品でした。

メコン川

中心街から1kmほど離れたところには立派な戦没者慰霊塔がある。

同じく1kmのバスターミナル近くにはデパートもある。

でも、それら周辺と、街の中心地はこんな感じです。

ビエンチャン

首都!?

ビエンチャンだけでなく、仏教国ラオス全土のシンボル的寺院。16世紀に建設が始められた。現在の姿は1930年代に修復されたもの。

お祈り壇には様々な仏像が祭られていた。

階段で屋上へ

展望塔から見たブッダパークのほぼ全景。

展望塔内部は真っ暗。フラッシュ撮影で、仏体を発見。