もうすぐセブンイレブンがあるからがんばれ!とガイドさんに言われて、到着した休憩地点。クーラーボックスにコーラやビールが。値段表の端っこにセブンイレブンのシールが貼ってあった。

カレン族の村

チェンマイ発 山岳少数民族を訪ねる2泊3日トレッキングツアー

費用:1200TB(約4,000円)/1人:食事込み・ビール別。
ツアーの移動はこの黄色いミニバス。(山に着いてからはトレッキング。)
ジョイントツアーだけど、オフシーズンだったためか、私達3人を入れて、5名でスタート。1泊2日ツアーのスイス人の方々2人と2日目朝まで一緒で、一緒の時は5人に2人のガイドさん、2日目・3日目は私達3人に1人のガイドさんがついてくれて、なんだか贅沢なツアーでした。
ツアー内容:1日目 市場・象乗り体験・滝(昼食)・トレッキング→カレン族(泊)
        2日目 カレン族→トレッキング→赤カレン族(昼食)→トレッキング→滝(泊)
        3日目 滝→トレッキング→バンブー川下り(終了)

宿泊竹小屋&滝

赤カレン族

バンブー川くだり

おまけ

食用きのこ。これを夕飯にしようと、ガイドのトニーが言い出し、慌てた。私達の慌てぶりを見て、大丈夫と言っていたトニーは結局自分と宿の主人で食べていた。

トレッキング

茎を割って吹くと、シャボン玉。

蟻塚。切り株に土が盛られたような状態。

料理をお手伝いするユウコ。ニンジンを切りすぎて、残りを隠されてしまった。真ん中のガイドさんは川崎憲次郎(元中日)に似ているので、私達は川崎さんと呼んでいた。

右がスイス人の2人組とガイドのトニー。ビールが左側だけに並んでいるのは何かのご縁です。

トレッキング&セブンイレブンジャングル支店

滝&ランチ

象乗り体験(エレファントライディング)

トレッキング

待ちに待った象乗り。私達はここまで1ヶ月以上タイにいて、象に乗るチャンスがあったけれど、10分1人100B(330円)くらいと結構高かったのでガマンしていた。ツアー代金に含まれていたこの体験は約1時間も散歩してくれた。

2人乗りの椅子付の象に3人で乗ることに。フミトはラッキーなことに象使いの人が乗る象の肩の上の位置に。


TOP


トニー情報では、多少水に濡れるから気を付けて、との事。実際は全身ずぶ濡れ。1時間近くの川くだりの間、船頭がわざとこの舟を4回ひっくり返して、その間は泳いでました。

最終日、ガイドのトニーと乾杯。

夕食後、村人みんなとキャンプファイヤーを囲んだ。子供達20人くらいみんなで、学校で習った歌と踊りを披露してくれた。中には「大きな栗の木の下で」や「上を向いて歩こう」も日本語で歌ってくれて感動。30分以上、10曲以上も披露してくれました。私達はお返しにぐだぐだの「大きな古時計」を。

途中で、川崎さんが原付に乗って現れた。休憩中に原付記念写真。私達が歩いたでこぼこ道を村の人たちは原付でスイスイ走ってた。

バナナ発見。

途中で、1本の大木があって、とにかく大きかった。木の上に出来る蜂の巣を取りに行くためのハシゴがあった。絶対登りたくない。

おっちゃんが1人でやっている竹小屋。滝と川が目の前にあり、最高のロケーション。宿泊客は私達3人のみ!遊び放題!!

描く。

とりあえず川で泳ぐ。

滝を浴びる。

村人はほとんどいなかったので、つながれているブタと戯れようと試みた・・・失敗。草食べて、寝てを繰り返しているだけなのに、近づくと急に警戒してブヒブヒ叫ぶ。残念。

人懐っこい小鳥。触ったり、持ち上げたりしても逃げない。

昼休憩で立ち寄った赤カレン族の村。雰囲気はカレン族の村と同じで、山間にある小さな村でした。

カレン族は結婚すると派手な衣装を、結婚前は白い衣装を着ている。ピンクの衣装は既婚者の証拠。

村の中では鶏と子ブタが放し飼い。

子ブタのディナータイム。鶏も集まってくるので、おばあちゃんが追い払う。

宿泊は竹小屋。竹で出来た屋根で高床式の造り。マットが全部で12個。蚊帳も付いていて、快適。

カレン族の村に到着。山中にある小さな村。学校があり、短期ボランティアで日本人が教師として来る事もあるらしい。

デカくも。毒なし。でも誰も触れなかった。

食後は水着に着替えて、水浴び。他のトレッキングツアーもいたので、全部で15人くらい。一番大きい滝つぼに順番に投げ込まれました。

ランチは袋入りのチャーハン。意外とうまい。

トレッキングのスタート地点、大きな音を立てている滝を見ながらランチタイム。

森の中を進み、途中で川を50mくらい上った。今まで見た中では一番長い象乗りで、3人共大満足。

けもの道を約2時間。急な上りが15分くらいあるけれど、それ以外は快適なお散歩でした。