1460年代に着工したトプカプ宮殿はオスマン朝の居城として400年の間、政治や文化の中心地だったそうです。ここには4つの庭園と武器庫や調理場、謁見の間など、見所が多くあるのですが、私達が飛びついたのはなんといっても宝物館。大勢力を誇ったオスマン朝の宝を見るために行ってきました。ただ残念ながら宝物館内は写真撮影禁止。

トプカプ宮殿

IMAIツアーズ 世界一周旅行

トルコ

イスタンプール

日本で売っているドネルケバブとは別物。フランスパンで挟むのが主流のようで、お肉と一緒に入っているのはキャベツではなく、ピクルスやフレンチフライ。1つ4リラ〜6リラ(240〜360円)くらい。日本人には日本で売ってるやつの方が美味しいかも。

その他の見所

宮殿の一番奥に進むと2つのメドゥーサの顔が。1984年の大改修で2mもの泥が取り除かれて発見されたそうですい。

横向きメドゥーサ

逆さメドューサ

模様付きの柱

青い人

地下宮殿という名前に誘われてやってきたところは、縦横140mx70m、高さ8mもある大きな貯水地でした。入口から階段を下ると薄暗い中で延々と柱が続いていて、柱が異様に多い地下駐車場のような雰囲気。4〜6世紀頃に造られたそうで、今でも少し水があり、魚が泳いでいました。

地下宮殿

広すぎてガイドブックを見ても現在地が分らない。宝物殿が見つからない。。。

常に入口に行列が出来ている宝物殿。エメラルドやダイヤモンドの装飾が多かった。特に有名なのは86カラットのダイヤモンドとでっかいエメラルド付きのトプカプの短剣。

宝物殿は4つの部屋に分かれていて、部屋と部屋の間にあるバルコニーからの眺め。ボルボラス海峡の見える景色。

宮殿手前にある第1庭園。

宮殿への入口、送迎門。

中は庭園を囲むように建物が建っていて、その先にまた庭園と建物。

最近は観光よりもご当地B級グルメに目がない私達。グルメツアーと化しているこの旅で、イスタンブールにはケバブサンドイッチ屋さんや屋台が結構多く、散歩しながらの軽食が楽しみのひとつでした。

観光地周辺にあった焼き栗ととうもろこしの屋台。焼き栗は日本よりも少し硬いけれど甘みもあって美味しい。とうもろこしはただの煮豆を食べているようで、全然美味しくなかった。煮とうもろこしと焼きとうもろこしの2種類とも食べてみたけれど撃沈。焼き栗1袋20個くらい入り5リラ(300円) とうもろこし1本1.5リラ(90円)。

トルコのファーストフードNO.1、マッスル貝のごはん詰め。道端で貝を売るなんて、なんて気になる光景だろうと思っていたら、なんとごはん詰めだった。貝のうまみいっぱいのマッスル貝ご飯に食べる直前にレモン汁を掛けてくれる。ただただ旨い!!大2つで1リラ(60円)小4つで1リラ(60円)。

マックアラビアータと外見が全く同じマックトルコ。味はケチャップが強くていまいち、マックアラビアータの圧勝。

4000件以上のお土産屋が並ぶグランドマーケット。値段はあってないようなもの。絶対ここまでは値切れないでしょ!!って値段を言っても最終的には買えてしまう。落としどころがわからず、逆に怖くて買えない。

アヤソフィア博物館。ブルーモスクの向かいにある元ギリシャ正教総本山&モスク。

グランドマーケットと似たようにお店が並ぶエジプシャンマーケット。エジプトによくあった香辛料屋が多い。

ドーム内の天井

ドーム内の水場

ドーム内、窓にはステンドグラス

イスタンブールといえばブルーモスク、ともいうべきイスタンブールの象徴的なイスラム寺院。正式名称はスルタンアフメット・ジャーミーと言うそうです。ちなみにこの周辺の地域名もスルタンアフメットで、最寄の路面電車の駅名もスルタンアフメットと地域名にもなっています。1616年にスルタンアフメット1世によって建造されたこの寺院は、黄金=アルトゥンという希望を、6=アルトゥと勘違いして作ったので通常4本の尖塔(ミナーレ)が6本あるという珍しい形になったとか。写真には6本写っていませんが、ドームを囲む4塔と、ドームの右に2塔あります。大ドームと中庭に分かれていて、大ドームは高さ43m、直径27.5m。

ブルーモスクの外観

ブルーモスク

イスタンブールはカイロ以来の大都会。最近見た国では首都でさえも市内交通で地下鉄や電車に乗ることがなかったので、市内を走る路面電車のトラムに面食らってしまいました。ボルボラス海峡で東西に分かれた市内の見所はヨーロッパ側に集中しているけれど、遠出するにもバス、地下鉄、トラム、フェリーと市内交通手段が様々。最初は戸惑ったけれど、トラムと地下鉄は本数が多く、旅行者にも勝手も良くて移動には全く不便のないところでした。

念願のサバサンド。TVで見たことがあって、絶対食べたかったサンドイッチ。肉料理が続いていたので魚がうまい!!2人で1つのはずが、すぐにもう一つ買い足しました。1つ4リラ(240円)

ピクルスジュース!!カブやとうがらし、キャベツ、きゅうり等のピクルスの上からピクルスジュースが注がれた、ピクルスづくし。ちょっとすっぱかった。1杯1リラ(60円)。

Topへ戻る

旅の写真集Topへ戻る


のびる、くっつく、トルコアイス。注文すると楽しいパフォーマンスをして渡してくれる。でも出来れば2回目からは普通に渡してもらいたい。

トルコのファーストフード

モスク内、ドームの隣の中庭部分

夜はライトアップされて違った雰囲気に

ここは現役の寺院で毎日5回のお祈りの時間にはアザーンが流れ、観光客の入場は出来なくなります。ドーム内部へは観光客専用の入口があり、女性には頭部を隠すスカーフもしくはフードの着用が必要で、持っていないひとはスカーフを入口で借りられます。中はお祈りをするイスラム教徒のスペースと観光客用のスペースがロープで仕切られていて、内装はイズニック・タイルで模様が出来ているそうで、細かい模様は見上げたまま見とれてしまうほど素晴しいつくりでした。