ベトナムのリゾート地

最後にビーチがきれいな島に到着。やっぱり海はきもちいい!

最後にフルーツ登場。どれも甘くて美味しい。

ランチは品数が多くておいしかった。私達の舟はベトナム人が多く、みんな小食だった。私達は笑顔で、もらっていいですか?と聞きながら、周辺のお皿を全部空にしていった。

ランチ後のハッピーアワーで歌うユウコ。生演奏で盛り上がり、その後何人か壇上に呼ばれて歌っていた。歌いたそうに見ていたユウコに気が付いたタンバリンの船長がコール。

ハッピーアワーの後は、食後のワインタイム。真ん中の船長がワインを注いでくれる。なかなか手を離さないアサコとユウコは大盛り3杯飲んでいた。

ニャチャンで多分一番メジャーな1日ツアー。今回はツアー会社で申し込んで1人7US$。朝9時に送迎バスが次々と集まるボート乗り場。2艇1組で、アジア組と欧米組になんとなく振り分けられた。

最初に到着したところは水族館。ツアーとは別料金1人25,000VND(約120円)。私達を含めて参加者の半分以上がパスしていた。

次はシュノーケル。この日は曇りがちで、海も濁っていたので何も見れなかった。気を取り直して海中乾杯!

ベトナム唯一の泥スパが送迎付で1人9US$!ちょっと高いと思ったけど、温泉プール付にもひかれて行ってみた。(実際は1人6US$、申し込みした宿にぼられた。)

こんなに高級感はなくて、3人用のコンクリ!?みたいな野外用バスタブに入った泥水に20分漬かる庶民的スパ。お肌がすべすべになるらしい。泥水は常温なので、暖かい日がオススメ。

施設の中は広くって、雰囲気もGOOD.。プールはずっと入っているとのぼせるくらい温かくて、お風呂に入っているみたいで気持ちよかった。

建物の中も円形。一方に進むだけでいいので楽チン。

建物の外側にあるお店。円形なので、進んでいくと元の場所にたどり着く。

町の中心の丘の上にはには大聖堂があり、目印にもなった。

ニャチャンはカインホア省の省都で、これまで見た町では一番栄えていた、リゾート地。海岸線には立派なホテルが並び、建設中のシェラトンホテルもあった。

ダム市場
泥スパ
ボートツアー

ハノイを飛ばした分、日程に余裕が出来たので、年間100万人も訪れるというリゾートに来てみた。オフシーズンなので少し寒い。

町の北端にある大型市場。円形の建物。ここもコーヒーメーカやたばこは定価の1.5〜2倍くらいふっかけられた。値段知ってるといってもまけてくれない。外国人には手強い。


TOP


IMAIツアーズ 世界一周旅行

ベトナム

中心地の路地裏にはローカルな市場が。ここで、英語で話しかけてきたおばちゃんについて行ったら、容器に定価表示があるのにシャンプーの値段をふっかけられた。ベトナムでは、探せば定価売りをしているお店が必ずあるのを私達は知っていたので、必殺不適な笑み&逃げ。

ニャチャン